宣教協力体

宣教協力体とは

東京教区で2003年に発足した近隣の協力関係にあるカトリック教会の集まりで、
福音的使命をより豊かに果たすことを目的として作られたものです。

荒川・足立宣教協力体

荒川を挟んで近くの足立区と荒川区にある4つのカトリック教会

足立教会 足立区江北 主任司祭  石井 靖人神父
梅田教会 足立区梅田 主任司祭  荒川 博行神父
三河島教会 荒川区荒川 主任司祭  並木 豊勝神父
町屋教会 荒川区町屋 主任司祭  泉 富士男神父

トップへ戻る

世話人司祭  荒川 博行神父(梅田教会)

これまでの協力

・合同堅信式  ・葬儀・通夜の案内プリント作成  
・年末・年始ミサ時間案内ポスター作成
・主任司祭不在時の緊急協力態勢等

荒川・足立宣教協力体協議会

2ヶ月に1度、開催場所は4つの教会が順に持ち回りで、協力態勢のあり方を話合い、
また親交を深めるためにそれぞれの教会の司祭、信徒代表、近隣修道会の代表の
方々等が集まります。